トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

TeXTips

TeX関連のTips

REVTeX4.1のインストール

https://authors.aps.org/revtex4/からrevtex4-1.zipをダウンロードし、その中のrevtex4.tds.zipを

/usr/local/share/texmf-local/

に解凍して、

# mktexlsr /usr/local/share/texmf-local/

を実行。入っているTeXシステムのnatbibが古いとBibTeXがトラブるのでhttp://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/macros/latex/contrib/からnatbib.zipを拾ってきて、その中の *.bstは

/usr/local/share/texmf-local/bibtex/bst/natbib/

にコピー、残りは

/usr/local/share/texmf-local/tex/latex/natbib/

に入れて、

# cd /usr/local/share/texmf-local/tex/latex/natbib/
# latex natbib.ins; latex bibentry.ins

を実行する。

/usr/local/share/texmf-dist/tex/latex/natbib

は消して、最後に

# mktexlsr /usr/local/share/texmf-dist/
# mktexlsr /usr/local/share/texmf-local/

を実行。これでトラブるならAMS関連を疑う。

PNG画像のインクルード

わざわざ EPS形式に変換しなくてもPNG画像のままPDFにインクルード可能。teTeXパッケージのコマンドebbを用いて

> ebb fig.png

とすると、fig.pngのBoundingBoxファイル fig.bb ができる。スタイルファイルを

\usepackage[dvipdfm]{graphicx}

のように定義し、ドキュメントの中で例えば

\begin{figure}
 \includegraphics{hoge.png}
\end{figure}

としてやってコンパイルすれば良い。xdviでは見れないが、dvipdfmx でPDFにインクルードできる。

フォント埋め込みPDF作成

dvipdfmxでdvi->pdfするとき、デフォルトだとCMフォントは埋め込まれるみたいだが、日本語(CIDフォント)はRyumin-Light、GothicBBB-Mediumという仮想フォントが/usr/local/share/texmf/dvipdfm/config/cid.map で設定されているため、埋め込まれない。強制的に埋め込むには、ローカルにフォントファイルを置いて(IPAフォントの場合は、ipam.ttf, ipag.ttf)

rml  H :0:ipam.ttf
gbm  H :0:ipag.ttf
rmlv V :0:ipam.ttf 
gbmv V :0:ipag.ttf

というマップファイル ipa.map を作ってやる。

> dvipdfmx -f ipa.map hogehoge.dvi

としてやれば、フォントが埋め込まれたPDFファイルができる。

フォントファイルをサーチパスに含めるには、/usr/local/share/texmf/fonts/truetype/あたりにipam.ttf, ipag.ttf を置くorリンクを張る。そして、root 権限で

# mktexlsr

を実行

実際に受け込まれたかどうかは

> pdffonts hogehoge.pdf

で確認可能。